FANDOM


Desde Youtube

Descripción

フジテレビ開局55周年記念プロジェクト アニメ『信長協奏曲』主題歌の「不可逆リプレイス」のMV遂に解禁!!

■発売日 2014.9.24 IN STORES ■TRACK LIST 1. 不可逆リプレイス(テレビアニメ「信長協奏曲」主題歌) 2. We Are Never Ever Getting Back Together(Taler Swift Cover) ■価格 ¥1,050-(tax in) ■品番 INRC-0010

Amazon:http://www.amazon.co.jp/MY-FIRST-STORY/e/B007HMN18M/works/ref=ep_artist_tab_w TOWER RECORDS:http://tower.jp/artist/2042970/MY-FIRST-STORY HMV:http://www.hmv.co.jp/artist_MY-FIRST-STORY_000000000476986/ TSUTAYA:http://www.tsutaya.co.jp/artist/00133521.html indiesmusic.com:http://www.indiesmusic.com/artist/?id=21594

【Bio】 2011 年夏、東京渋谷で Hiro(Vo) / Sho(Gu) / Teru(Gu) / Nob(Ba) /Masack(Ds) の 5 人で結成。 2012 年 4 月に 1st FULL AL「MY FIRST STORY」でデビュー。 デビュー盤にして、2 万枚以上のセールスで、オリコンウィークリーチャート初登場 16 位の快挙 ! インディーズチャートでは堂々の1位を記録する。

初の自主企画「HIGHEST LIFE PARTY VOL.1」を同年 6 月に渋谷 WWW で開催するも、即ソールドアウト。

新人にして数々の夏フェスやビッグイベントに出演 ! 圧巻のライブパフォーマンスで、入場規制を数多く叩き出す。

2013 年 2 月には早くも 2nd FULL AL「THE STORY IS MY LIFE」をリリース。オリコンウィークリーチャート初登 場 15 位。ALL TIME LOW の JAPAN TOUR サポートや PUNK SPRING 2013 への出演、初のクアトロツアーも全 会場即日ソールドアウトという輝かしいトピックが続く中、7 月には 1st SINGLE DVD「最終回 STORY」をリリース。

11 月には AIR SWELL、BLUE ENCOUNT、SWANKY DANK と共に、レーベルの垣根を越え「BONEDS」(ボー ンズ)という強力スプリット CD をリリース。今作は大反響を呼び「BONEDS TOUR」と題して 2014 年年明けから全 国ツアーを敢行。その模様を収めた DVD「BONEDS TOUR MOVIE」は 2014 年 5 月にリリースとなる。

2014 年 2 月には初の DVD 作品「The Ending of the Beginning Tour Final ONEMAN SHOW atEBISU LIQUIDROOM」をリリース。2014 年も、更なる飛躍を見せることは間違いない。

http://www.myfirststory.net/

Aparece en estas páginas
de

  • My First Story

    MY FIRST STORY se formó en 2011 y es una banda JRock. Su primer álbum fue lanzado en abril de...

Historial del archivo

Haz clic sobre una fecha/hora para ver el archivo a esa fecha.

Fecha y horaMiniaturaDimensionesUsuarioComentario
act01:11 22 sep 2014Miniatura de la versión de 01:11 22 sep 201404:02480 × 269 (15 KB)Valee.belenn179 (muro | contribuciones)vídeo creado

Metadatos

¡Interferencia de bloqueo de anuncios detectada!


Wikia es un sitio libre de uso que hace dinero de la publicidad. Contamos con una experiencia modificada para los visitantes que utilizan el bloqueo de anuncios

Wikia no es accesible si se han hecho aún más modificaciones. Si se quita el bloqueador de anuncios personalizado, la página cargará como se esperaba.

También en FANDOM

Wiki al azar